遺品整理の際に起こり得るトラブルとは

遺品整理の際に起きてしまうのが様々なトラブル!どう対処すればよいの? - 遺品整理の際に起こり得るトラブルとは

遺品整理の際に起こり得るトラブルとは

hngdyjt
遺品整理を専門業者に依頼する事で、遺族は負担なく故人の遺品整理を終わらせる事ができます。
非常に時代に合った利便性の高いサービスである事は事実です。
ですが、遺品整理を専門業者に依頼する事で発生するトラブルについても知っておきましょう。

お金に関するトラブル

まず遺品整理のトラブルで1番多いのは、お金に関するトラブルです。
お金に関するトラブルと1つにまとめてしまいましたが、そのトラブルの内訳は、料金トラブル、不当買取トラブル、盗難トラブルです。
料金トラブルとは、遺品整理の専門業者に依頼する事で発生する料金が高いというトラブルです。
見積もりの段階では安かったのに、見積もりの2倍、4倍の料金を請求する業者も存在します。
作業終了後に、請求されるため、この料金の金額なら断り別の業者に依頼するという訳にもいきません。
そのため言われるがまま、支払ってしまう人が多いのです。
当然業者も、それを見越した上で、見積もりは安くし、請求額は高くしてくるわけです。
また多くの人は、遺品整理を業者に依頼する事で、どれぐらい支払うのが一般的なのか遺品整理の相場を知りません。
人生で遺品整理をしなければいけない場面なんてそう多くはありません。
そのため、知らないままに相場より割高な金額を支払ってしまう依頼者も少なくありません。
不当買取トラブルは、作業中に価値があるものが見つかると、処分費を減らす目的で業者は買取を行う場合があります。
本来であれば、業者は買値と売値の差額で利益を出しているわけではありませんから、適正な価格で買取しなければいけません。
ですが、骨董品などの価値は故人は知っていても、遺族には見当もつきません。
売れば100万円は下らない骨董品を、それほど価値が高くないように装って2〜3万円で買取、100万円で売る事でボロ儲けをする悪質業者は残念ながら存在します。遺品整理の専門業者は需要が一気に伸びたため、ここ数年で急増しています。投棄
そしてその中には、悪質業者の存在が無視できず、様々なトラブルを起こしているというのが、遺品整理の専門業者の現状なのです。
盗難トラブルは、不当買取トラブルよりもさらに悪質で、価値があるモノに対して買取すら行わずに、盗難してしまうのです。
もし引っ越し業者が、同じ行為をすれば、引っ越し後、紛失が見つかり、すぐにトラブルは発覚するため、そのようなリスクを犯す人はいません。
ですが遺品整理であれば、元々何があったのか、遺族は把握していないため、盗難されていても気づかないケースが多いのです。

不法投棄によるトラブル

そしてお金以外のトラブルでは、不法投棄のトラブルがあります。
遺品整理を行う際に、買取できず処分しなければいけない家具や家電が粗大ごみとして発生します。
そしてその処分は遺品整理業者が行ってくれます。
それは料金に処分費も含まれているからです。
なので、粗大ごみを積んだ業者のトラックが去れば、当然依頼者は法律に基づいてその粗大ごみが処分されたものと思いますよね。
しかし、処分費をネコババするために、実際には法律に基づいた方法で処分されずに、山奥や海に不法投棄してしまう業者が存在します。
粗大ごみで所有者が分かれば、警察は所有者に連絡をします。
ですが、この場合所有者はすでに亡くなっているので、遺族に連絡し、そこで事態が明らかになるわけです。
もちろん、依頼者には非がないとは言え、その頃には業者は姿を消している状態なので、依頼者がもう一度処分費を負担するなどの被害を被る事になってしまいます。
このようなトラブルん合わないために重要な事は、依頼する遺品整理の専門業者をキチンと選ぶ必要があります。